吃音持ち大学生 コミュ力ブログ

〜吃音ぺんぎんのあれこれ〜

【吃音で嫌だった経験談】2分で読めちゃう

f:id:Pen_Guin:20190907183811p:plain


 

こんにちは、こんばんは、お疲れ様です!

 

吃音歴15年のコミュ力Lv99のぺんぎんです🐧

 

今日も私のブログを見てくださりありがとうございます。

 

今回は『吃音で嫌だった経験』について書いていきたいと思います!

 

  • 自己紹介
  • 喧嘩をする時不利な状況に
  • めっちゃ挙どるじゃん(挙動不審になる) 
  • まとめ

 

自己紹介

f:id:Pen_Guin:20190907183037j:plain

はい!

これはも言わずもがなであるものですよね。自己紹介。

 

私は吃音であるので、毎回自己紹介に困ります笑

基本自己紹介というのはその人の第一印象を決めるとても大切なものなのです。

 

そんなことを考えていたら想像以上に気負ってしまい、自己紹介の場面で吃って赤っ恥をかく。そんなことの繰り返しでした…。😩

 

失敗を何回も重ねると自信がなくなってくるんですよね。。。

だんだん自信がなくなると、自己紹介をするのが嫌になってくるのです。

 

これが1つ目の嫌なことですね。

 

喧嘩をする時不利な状況に

f:id:Pen_Guin:20190907183109j:plain

これが辛かった。

小学生の頃の話になります。小学生ってちょっとのことでよく喧嘩をするじゃないですか?すると、口喧嘩かステゴロ(素手喧嘩)になります。最悪なのは口喧嘩になった場合。その時に不利なのがもちろん私です。

 

口喧嘩になった途端、相手は私の吃音のことについて触れてきます。

それはそうですよね。人は頭に血が上ると相手の欠点と言われるものを攻めてしまいます。

 

「何言ってるかわかんねーよ」

 

この一言は本当に傷つきました笑

 

幼少期の頃の嫌な思い出って結構頭に染み付いていますからね🤮

 

めっちゃ挙どるじゃん(挙動不審になる) 

f:id:Pen_Guin:20190907183135j:plain

この人ことは何回言われても慣れない笑

別に挙動不審になっているのではくただ単に吃っているのであります。

 

これは『吃音症』の認知度がまだ広まっていないということからくる言葉だと思います。

ですが、言われたらかなりきつい言葉でもあります。まあ最近では言われたら流していますけどね笑

 

あとは、それが言われたら吃音を告白するというような流れもできるので、ちょうど良いのですがね😁

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の話は実体験に基づいたものです。実体験といっても小学生〜中学生頃の体験なので、今では嫌なことが少なくなってきました。

 

思春期であると結構悩むんですよね。

 

私も相当悩み、1人で抱え込みました。しかし、そういう時こそ自分が心から許している人に悩みを打ち明けましょう。すると、心も軽くなります。 

 

私はそれができなかったのですが、皆さんはぜひやってみてくださいね😇

 

吃音について書かれている本もありますのでそういうのを読むのも良いかもしれませんね♪

 

それでは今回はここまで!

 

一応本のリンクを下に貼っておきます。よろしければご覧ください🐧

 

 

 

続きを読む

【ついに解禁します】ぺんぎん流ストレス発散方法

f:id:Pen_Guin:20190912234207p:plain

こんにちは、こんばんは、お疲れ様です!

 

吃音歴15年のコミュ力Lv99のぺんぎんです🐧

 

今日も私のブログを見てくださりありがとうございます。

 

今回は皆さんに普段の私のストレス発散方法について書いていきたいと思います。

これを読めばあなたのストレス発散方法のレパートリーが増える可能性があります!

 

それではいきましょう。

 

 

 

ストレスの怖さ

f:id:Pen_Guin:20190912235146j:plain

ストレスの発散方法について書く前にストレスの怖さを私の経験を通してお伝えいたします。

 

まずは何と言っても『見えない』ということ。

ストレスって目に見えなくていつの間にか溜まっていますよね?

 

これが厄介です。

 

ストレスは体を徐々に蝕んでいきます。

実際に私は受験勉強の時、見えないストレスによって『盲腸(虫垂炎)』になってしまいました🤮

 

この体験が私の健康志向を加速させることとなったのです。。。

 

ぺんぎん流ストレス発散方法①

f:id:Pen_Guin:20190914164718j:plain

 『風呂場で全力で歌う』

これはストレス発散方法の中でもかなりオススメです。

 

「全力で歌を歌う」って言ったってただ歌うだけでしょ?

と思う人いらっしゃるのではないですか??

 

チッチッチ

 

甘いです。

私の全力は『体全体を使ってアクロバットに歌い続ける』のです!

それはまるで、矢沢永吉のようなマイクアクションで。。。

 

人は全力で好きなことをやっている時が1番ノンストレスですからね!

ぜひオススメです。

 

ただ、風呂場は大変滑りやすくなっておりますので、怪我には十分ご注意ください

 

ぺんぎん流ストレス発散方法②

f:id:Pen_Guin:20190914164738j:plain

『無我夢中で筋トレ』

一見「男性しかできないじゃん」と思われる方もいると思いますが、女性にもお勧めします

最近では、女性で筋トレしている人は珍しくありません。

 

むしろ、筋トレした方がダイエットができるという他にストレス発散、考えがポジティブになれるという効果があるのです。

 

なぜ、筋トレするとストレス発散、悩み解決ができるのかというと、これは科学的に証明されていて、テストステロン(男性ホルモン)の生成や気分を落ち着かせる効果のあるセロトニンの分泌が筋トレをすることで促されます。

 

つまり、筋トレをすれば落ち込んだ気分も改善できるし、ストレスも発散できちゃうよということ!

 

私はやるときは週5日でやります笑🤫

 

ぺんぎん流ストレス発散方法③

f:id:Pen_Guin:20190914164917j:plain

『自分の好きな事に取り組む』

これは皆さんも行なっているとは思います。

ぺんぎんは読書やゲームが好きなので、これらに一生懸命になります。

 

特にゲームですね笑

 

私が最近ストレス発散にやっているゲームは『APEX』というシューティングゲームをしています!

ぜひ、やっている人がいたらお声掛けください笑

 

自分が好きなことに取り組んでいると、時間も忘れてしまいますよね!

その時間を忘れる感覚というのが大切なんですね。

 

まだ好きなことがないという人はとにかく気になっている事に取り組むのが良いと思います!

 

ぺんぎん流ストレス発散方法④

f:id:Pen_Guin:20190914164809j:plain

『友達と会う』

私は友達の数が特に少ないのですが、それでもストレス溜まってるなと感じた時には友達に会ったり、電話したりして、腹割って話しをして、ストレス発散をします。

 

腹を割って話せる仲って本当に素晴らしいですよね。

 

家族には言えない事もそのような友達には言えちゃいますからね。

そう考えると恵まれたなとつくづく思います。

 

私が友達作りに大切にしている事は自分と同じような考えの人や自分がこの人すごいと思う人を基準にしています。

 

自分と同じような考えの人は大体自分と話が合う人が多いです。

話が合えばあっという間に仲良くなっていますからね笑

 

ぜひ参考にしていただければ良いと思います。

 

ぺんぎん流ストレス発散方法⑤

f:id:Pen_Guin:20190914164822j:plain

『映画を観る』

私はとにかく映画が好きなんですよ笑(なんの訴えだ)

 

ストレスが溜まった時は自分が観たい映画を観に行くか、U-NEXTで映画を観ます!

 

小さい頃から近所のビデオ屋さんで映画を借りては観て借りては観てを繰り返していました笑

天性の映画好きですね笑

 

最近では、U-NEXTで『エクスペンダブルズ』を観ました笑

アクション系が好きな人にはおすすめの映画です。

 

今でも夜中に近くの映画館で1人で観に行く始末。ぼっちです笑

 

休日でも1人映画をするのでだいぶ慣れましたけどね😁

 

そんな映画好きなぺんぎん。本ブログでも、おすすめ映画を紹介したり、映画の評価をさせていただいていますのでぜひともご覧ください笑

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はぺんぎん流ストレス発散方法を紹介させていただきました!

 

ストレス発散方法といってもその人その人で変わっていくものですからね。今回のブログを読んで、少しでも参考になれば嬉しいです😆

 

皆さんはどんなストレス発散方法をお持ちですか?良ければ、私に教えてください!

 

今回のブログで紹介した私のストレス発散方法の参考材料をブログの最後に載せておきます!

 

それでは今回はここまで!

 

また次回のブログでお会いしましょう!

 

 

 

 

【2分で解説】人の気持ちを聞くには?

f:id:Pen_Guin:20190910220233j:plain

こんにちは、こんばんは。

 

読めば知識向上間違いなしのぺんぎんブックプレゼンテーションへようこそ!

 

吃音歴15年だけど現役インストラクターのぺんぎんがお送りします🐧

 

今回あなたにご紹介する本はこちら。

 

 

ドドン

 

 

『相手の気持ちをきちんと聞く技術』平木 典子さん

 

 

 

 

どんな本?

本書では海外でカウンセリング心理学を学ばれ、アサーション・トレーニングの第一人者である、平木典子さんが心理学を通して相手の気持ちを聞く技術を紹介しています!

 

アサーショントレーニングとは自己表現の訓練と言う意味であり、アサーションというのはお互いを大切にしながら、素直にコミュニケーションをするための考え方と方法という意味です。😳

 

つまり、コミュニケーションにおいて大切な、『自分を大切にしつつ、相手の話(気持ち)をうまく汲み取る』という技術が本書を読めば分かるということです。

 

ぺんぎんのここがポイント①

f:id:Pen_Guin:20190907183135j:plain

『枠組みが人それぞれ違う』

こと会話において、自分の考え方が違う人と会話しているというのがほとんどだと思います。

まさにこの『考え方の違い』が会話において非常に大切であるということ。それを理解していなければならないと本書では書かれています。

 

人の考えというのは、その人の人生、現状置かれている環境で変わっていきます。

それは、十人十色、一人一人に違う人生、環境があります。

 

なので、考え方が違うなんて当たり前なのです。それをいかに理解して、会話に臨むか。

 

会話においては『考え方』という『枠組み』を理解し、受け入れるというのが大切ということが書かれています。

 

ぺんぎんのここがポイント②

f:id:Pen_Guin:20190913000417j:plain

『ねぎらいの言葉を伝える』

人は何か大きな仕事をした後など、そのような時はねぎらいの言葉が必要になってきます。

 

その時に大切なこととして、『相手の気持ちを推し量ることと『プロセスに注目するというポイントがあります。

 

「相手の気持ちを推し量る」というのはもし自分が相手の立場に立って、欲しい言葉を考える。そして、その言葉を実際に相手に伝える。これを意識するということです。

 

プロセスに注目」するというのは結果よりも過程に目を向けて相手をねぎらった方が良いということです。

例えば、受験で失敗してしまった時、不合格という結果よりも、ここまで受験勉強を頑張ったというプロセスにフォーカスしてねぎらいの言葉をかけて気持ちを別の方向へと向けるということが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本書を読むことで、会話において大切な『相手の気持ちを汲み取る』ということが理解することが可能です。

 

『相手の気持ちを汲み取る』というのは、コミュニケーション力において最も重要なことであると、私は考えています。

 

本書を読むことによって、コミュ力の向上にも役立つということがわかっていただけたら、今回のブログは大成功です。

 

ぜひ、ご自分の手に取り読んでみてください!

 

それでは今回はここまで!

 

 

 

 

【吃音で嫌だった経験談】2分で読めちゃう

f:id:Pen_Guin:20190907183811p:plain


 

こんにちは、こんばんは、お疲れ様です!

 

吃音歴15年のコミュ力Lv99のぺんぎんです🐧

 

今日も私のブログを見てくださりありがとうございます。

 

今回は『吃音で嫌だった経験』について書いていきたいと思います!

 

  • 自己紹介
  • 喧嘩をする時不利な状況に
  • めっちゃ挙どるじゃん(挙動不審になる) 
  • まとめ

 

自己紹介

f:id:Pen_Guin:20190907183037j:plain

はい!

これはも言わずもがなであるものですよね。自己紹介。

 

私は吃音であるので、毎回自己紹介に困ります笑

基本自己紹介というのはその人の第一印象を決めるとても大切なものなのです。

 

そんなことを考えていたら想像以上に気負ってしまい、自己紹介の場面で吃って赤っ恥をかく。そんなことの繰り返しでした…。😩

 

失敗を何回も重ねると自信がなくなってくるんですよね。。。

だんだん自信がなくなると、自己紹介をするのが嫌になってくるのです。

 

これが1つ目の嫌なことですね。

 

喧嘩をする時不利な状況に

f:id:Pen_Guin:20190907183109j:plain

これが辛かった。

小学生の頃の話になります。小学生ってちょっとのことでよく喧嘩をするじゃないですか?すると、口喧嘩かステゴロ(素手喧嘩)になります。最悪なのは口喧嘩になった場合。その時に不利なのがもちろん私です。

 

口喧嘩になった途端、相手は私の吃音のことについて触れてきます。

それはそうですよね。人は頭に血が上ると相手の欠点と言われるものを攻めてしまいます。

 

「何言ってるかわかんねーよ」

 

この一言は本当に傷つきました笑

 

幼少期の頃の嫌な思い出って結構頭に染み付いていますからね🤮

 

めっちゃ挙どるじゃん(挙動不審になる) 

f:id:Pen_Guin:20190907183135j:plain

この人ことは何回言われても慣れない笑

別に挙動不審になっているのではくただ単に吃っているのであります。

 

これは『吃音症』の認知度がまだ広まっていないということからくる言葉だと思います。

ですが、言われたらかなりきつい言葉でもあります。まあ最近では言われたら流していますけどね笑

 

あとは、それが言われたら吃音を告白するというような流れもできるので、ちょうど良いのですがね😁

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の話は実体験に基づいたものです。実体験といっても小学生〜中学生頃の体験なので、今では嫌なことが少なくなってきました。

 

思春期であると結構悩むんですよね。

 

私も相当悩み、1人で抱え込みました。しかし、そういう時こそ自分が心から許している人に悩みを打ち明けましょう。すると、心も軽くなります。 

 

私はそれができなかったのですが、皆さんはぜひやってみてくださいね😇

 

吃音について書かれている本もありますのでそういうのを読むのも良いかもしれませんね♪

 

それでは今回はここまで!

 

一応本のリンクを下に貼っておきます。よろしければご覧ください🐧

 

 

 

続きを読む

【ハリウッド流会話術を学んでみませんか?】ブックプレゼンテーション

f:id:Pen_Guin:20190906231253j:image

 

こんにちは、こんばんは。

 

ぺんぎんのブックプレゼンテーションへようこそ。

 

吃音歴15年だけど現役インストラクターのぺんぎんがお送りします🐧

 

今回あなたにご紹介する本はこちら。

 

 

ドドン

 

 

 

『1秒で気の利いた一言が出るハリウッド流すごい会話術』(1512円)

渡辺龍太さん

 

 

どんな本?

もともと話すことが苦手だった筆者の渡辺さん。

 

しかし、アメリカ留学時に受けたハリウッド流のインプロ(即興力)の授業がきっかけとなり、気の利いた会話が瞬時に可能となりました。

 

それ以降、インプロや心理学を学び、日本人向けに即興力研究をして現在では、企業向けの研修、講演をされていらっしゃる会話のプロが教える

 

『ハリウッド流の会話術』が一冊の本で手に入ってしまう。そんな素晴らしい本です😊

 

ぺんぎんのここがポイント①

『時間がなくても大丈夫』

本書では、77個の会話でのルール(技術)が書かれています。

 

一見多いように見えるが、この本では1項目1〜2ページで読むことができるのが最大の特徴です。

 

時間がない人でも1日1ページを読むことを心がければ約2ヶ月で読破することが可能です!!

 

漫画でさえ読むのが30分かかる私でも1項目を読み終える時間は大体2分で終わる。

 

これを毎日寝る前に読めば2ヶ月後には未知なる自分が待っているなんて最高じゃないですか??

 

なかなか時間が取れなくて読書ができない人にもぜひ読んでほしい1冊です!

 

ぺんぎんのここがポイント②

『相手の変化について言及する』

次は本書の内容を少しだけご紹介したいと思います。

ご紹介する内容は『相手の変化について言及する』と言うもの。

 

これは、「話の冒頭で相手が関心を持っていることを言うと盛り上がる」という心理学用語で”アンチクライマクス法”からくる効果です。

 

具体的にどんなことかと言いますと、例えば相手の髪型について話の冒頭で触れます。

 

すると相手は自分が関心を持っていること(自分の髪型)に触れてくれたわけだから、どんどん話しを引き出せるのです。

 

これを実践しているのが、笑っていいとも!でお馴染みの『タモリさん』であることはもうお分かりですよね?

 

すぐにでも実践できる技術なのでぜひ使ってみてください。

 

まとめ 

以上。

 

今回は『ハリウッド流の会話術』についての本をご紹介しました。

 

時間がなくても読めるし、内容も実際に使えるものばかりと言うことで会話に悩んでいるお方にはとてもお役に立つ本だと思います。

 

ご自身で実際に手にとって読んでみてください。

 

もちろん、この記事を読んで「あんま興味ないな」と思ったらまた次回の記事をお楽しみにしてください!

 

それでは今日はここまで!

  

 

続きを読む

挑戦をする事は怖い事ではない。

f:id:Pen_Guin:20190905211125p:plain



こんにちは、こんばんは、お疲れ様です!

 

吃音歴15年のコミュ力Lv99のぺんぎんです🐧

 

今日も私のブログを見てくださりありがとうございます。

今回は久しぶりに私ぺんぎんの『経験から得たこと』についてお話ししていきたいと思います。

 

久しぶりに自分の事を書くのでなんか緊張しまs

 

前置き長い!さあ行こう!

 

挑戦する事

f:id:Pen_Guin:20190905211315j:plain

皆さんは”何か”に挑戦できていますか?

この”何か”というのはなんでも良いです。

 

『自分がやりたい事』

『人生の乗り越えなきゃならない壁』

『自分が不得意な事』

 

などなど、あげるとキリがないですよね。

 

この挑戦(チャレンジ)が人生においてとても大切だと思うんですよ。

なぜ大切だと思いますか?

 

私はチャレンジがなぜ大切か。理由はこう思います…

 

なぜ挑戦(チャレンジ)が大切か

f:id:Pen_Guin:20190905211529j:plain

挑戦(チャレンジ)をする事によってそれまで見えなかったものが見えてきます。

 

自分が本当に向いていることが分かったり。

自分の中の潜在能力が見えてきたり。

自分が当たり前だと思っていたことがありがたく感じたり。

 

実際に私は大学2年生まで接客業を牽制してました。しかし、勇気を出して一歩自分の未知なる世界(接客バイト)に踏み込んでみました。

 

すると、『自分が本当は喋る事に長けているんだ』と見つける事ができました。

 

つまり、経験してみると意外と上手くいく事もあるし、学べることもあると言うことです。

 

それでも挑戦(チャレンジ )が難しいと言う人へ

f:id:Pen_Guin:20190905211543j:plain

ここまでお読みになって『それでもチャレンジは難しい』と思っている方。

決して無理にチャレンジしなさいなんて事は言いません。ただ、チャレンジすれば多くの恩恵があると知って欲しいのです。

 

実際に私にも挑戦する事が怖くて嫌な時期もありました。

なので、お気持ちがわかります。

 

それでも自分を変えたいと思ったから私は踏み出しました。

 

なので、皆さんの中で一歩踏み込みたいけど踏み込めないと悩んでいるお方がいらしたら、ぜひこの記事を読んで頑張っていただきたいです

 

それかぜひ私にご相談ください。必ず力になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事を読んで、少し考えが変わっていただけるのでも良し、気持ちが変わって実際に行動していただけたら何よりも嬉しいです。

 

言っている事は分かるのだけど行動に移すのが難しんじゃ〜。。。

 

そうですよね。私もそうでした。

 

そんな時はぜひ私のツイッターからでもメッセージを送っていただければ、背中を押させていただきます!!

 

ぜひ、皆さんも悔いのないようにチャレンジしてみてください。

 

それでは次回のブログでお会いしましょう!

 

続きを読む

【コミュ障は治らなくても良い??】1分で解説誰にもお勧めできる本

f:id:Pen_Guin:20190902171502j:plain


 

 

こんにちは、こんばんは。

 

 

ぺんぎんのブックプレゼンテーションへようこそ。

吃音歴15年だけど現役インストラクターのぺんぎんがお送りします。

 

今回あなたにご紹介する本はこちら。

 

 

ドドン

 

 

 

『コミュ障は治らなくても大丈夫』吉田尚記さん(972円)

 

 

どんな本?

本書の作者である吉田尚記(よしだひさのり)さんはニッポン放送でアナウンサーをやられているお方なのですが、入社当初は”超”がつくほどのコミュ障だったそうです。

 

そんな吉田さんがコミュ障を改善した方法をご自身の経験を通して解説したのが本書です。

 

コミュニケーション力を改善したい、普段の人間関係でもっと話せるようになりたい

そんなことを心に秘めている方必見です!

 

ぺんぎんのここがポイント①

『8割9割がマンガ』

本書はなんと8割9割がコミックエッセイで構成されており、読書が苦手な人でも読みやすい!!

 

しかもわかりやすい解説付きだから読み進めていく中で分からない部分などはすぐさま解決してくれるというありがたさ!

吉田さんの経験をマンガで描いているのですが、この経験がまた面白いです。

 

アイドルに失言をしたり、芸能人大御所の人との会談の話などなど。。。

 

コミュニケーションで困っていなくても読んでいて面白い本となっています

 

ぺんぎんのここがポイント②

吉田尚記さんの経験が結構散々』

本書の主人公とも言えるお方が筆者でもある吉田さんなのですが、この人の経験がなかなかの散々さ。

 

入社式では渾身の一発ギャグを行なって駄々滑り。。。

アイドルにはキレられ。。。

尋問を芸能人に繰り返す。。。

などなど

 

私だったらとっくのとうにメンタルライフゼロになりそうな経験を何個もしているため、読んでいて本当に勉強になります。

とにかく面白い。これに尽きます。

 

最後に

本書は読むだけで勉強になるにも関わらず、勉強してインプットした知識をすぐに実践できてしまうというのが良いところです。

 

ただ、マンガは嫌だという人には受け入れてもらうのは難しいと思います。。。

 

とにかく吉田さんの経験から得た知識なので、100%役に立つ知識であることは間違いありません。

少しでも気になったら1000円以下で買えてしまうので読んだほうが良い一冊です。

 

それでは今日はここまで。

 

次回のブログでお会いしましょう。

 

それでは!

 

 

続きを読む

【1分で読めてしまう】あがり症の人必見です。

f:id:Pen_Guin:20190904024440j:plain


 

 

こんにちは、こんばんは。

 

ぺんぎんのブックプレゼンテーションへようこそ。

吃音歴15年だけど現役インストラクターのぺんぎんがお送りします。

 

今回あなたにご紹介する本はこちら。

 

ドドン

 

 

『マンガでわかる!人前で3分あがらずに話せる本』金井英之さん

 

どんな本?

著者の金井英之さんは話し方と人間関係の研究実績48年。20年間トーク&コミュニケーションアカデミーを経営した経験があり、あがり症を克服する確かな指導方法で数多くの実績を上げてきました。

 

そんなコミュニケーションマスターとも言える人が読書が苦手な人でも読みやすいマンガ式で書かれた本です!

 

マンガだけでなく詳しい解説付きなので、読んでいて飽きがこないのも本書の特徴です。

 

ぺんぎんのここがポイント①

『あがり症とは』

本書ではまず「あがり症」とはなんなのかというのが書かれています。

あなたは「あがり症」とはなんだと思いますか?

 

”実は病気ではない”

というのをご存知ですか??

 

私はこれを読んだ時、驚きました。まさか病気ではないなんて。。。

あがり症の”症”は………おおとここまでにしておきますね。

 

ぺんぎんのここがポイント②

『あがり症改善に大切なことは〇〇』

あがり症改善に大切なのは吃音症改善にも大切だと思われる、”あれ”

だったんです。

読むだけで実践できますし、読んで損はぜったにないと思います!是非是非読んでいただきたい。

 

終わりに

今回はプレゼンテーションや学校の音読であがってしまって毎回苦労している人のためにとっておきの本を紹介させていただきました。

基本はマンガなので本当に読みやすく、読書初心者にとっておきの一冊となっています。あがり症を治したいと考えている方は本当に読んでいただきたい。

 

下にリンクを貼っておくので気になった方はぜひ検討してみてください。ブログ序盤の本の画像からもサイトに飛べるようになってますので、よければ活用ください。

 

それでは今回は以上。

 

次回のブログでお会いしましょう!

 

 

ぺんぎんでした!

 

 

 

 

 

続きを読む

【2分で解説】執事の技術が身につく

f:id:Pen_Guin:20190904024702j:plain


 

 

こんにちは、こんばんは、お疲れ様です。

 

吃音歴15年だけど現役インストラクターのぺんぎんがお送りします

書評コーナーへようこそ。

 

今回紹介する本はこちら

 

ドドン

 

 

「執事が教える 相手の気持ちを察する技術」新井 直之さん

 

 

どんな本?

本書は実際の執事である新井直之さんが執事の経験から得た相手の気持ちを察する技術を28個分かりやすく紹介しています。

なんと新井直之さんは映画化されたドラマである謎解きはディナーのあとで、映画黒執事にて執事役の所作監督も務めていらっしゃるお方なのです!

 

ぺんぎんのここがポイント①

「相手の座る位置で信頼を置く人が誰か判断」

この技術は相手の座る位置で相手の本当の気持ちを読むというもの。座る位置を見て信頼度を測れるんですね。

 

真正面に座る方が信頼度が高いと言えます。しかしこれはケースバイケースで、プレッシャーを与えたくない場面であれば、あえて相手から見た斜めに位置どりをするというのがあるため、これを念願に入れとくとより判断しやすいと思います。

 

ぺんぎんのここがポイント②

「見送りまでの数秒間で相手の本音を聞き出す」

人というのは、緊張をしているとなかなか本音を出しずらいというのがあるのです。

読者のみなさまも経験があるのではないでしょうか?

 

就活の面接にて、面接真っ只中ではなかなか本音が出せない、または本音を聞き出せない。(これは人事側ですね)

実際に私も面接後の方がよく口が回りました笑

 

このように、緊張がほぐれる別れ際が1番本音が出やすいのです!これは気になるあの子とのデートにも使えるのでぜひぜひお試しアレ。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

上記で紹介した技術以外にも実践できるものが盛りだくさんの本書。お仕事にも使えるし、恋愛においても、人間関係においても使えます。近頃、お仕事、恋愛、人間関係で困っている人はぜひ本書を読むことをオススメしますよ!

 

下にリンクを貼っておきますので気になった方は検討してみてください。

それではみなさんまた次回お会いしましょう。

 

アディオス!

 

 

 

 

続きを読む

【びっくりするほど早く読める記事】アウトプットが命

f:id:Pen_Guin:20190904024724j:plain


 

 

こんにちは、こんばんは

 

お疲れ様です。

 

吃音歴15年現役インストラクターのぺんぎんがお送りする

「ぺんぎん読書の部屋」へようこそ。

 

今回ご紹介する本がこちら

 

ドドン

 

 

「アウトプット大全」樺沢紫苑さん

 

精神科医であり作家の樺沢紫苑さんが執筆している本を紹介していきたいと思う。

 

どんな本?

本書は毎月20冊以上の読書を30年間続けている精神外科医の樺沢紫苑さんが実際に行なっている知識のアウトプット術を読書にわかりやすく書かれている本である。

 

知識は脳にインプットして実際にアウトプット(自分で試してみる)することにより

知識が定着すると脳科学では考えられている。

 

ぺんぎんのここがポイント①

「とにかく分かりやすい」

本書では一つの知識の紹介が見開き1ページで完結するもので、読み進めやすいし、知識が頭に入ってきやすく、とにかく読書初心者の方にオススメしたい。

アウトプットがいかに大切かにも触れているが、それのみにならず、脳科学にもとづいた人間の体の秘密であったり、記憶が定着しやすい方法などが具体的に書かれている。

全80種+トレーニング方法7種が紹介されている。

テストがまだある学生にもぜひ読んで高得点を取っていただきたい一冊となっている。

 

ぺんぎんのここがポイント②

「目を見る」

ポイント②では本書の知識をざっくばらんに紹介していきたいと思う。

「目を見るについて」目をみながら話すことによって、お互いの細やかな感情の機微が伝わりやすくなりコミュニケーションが深まるというもの。

また、アイコンタクトによってドーパミンがでるという実験結果もある。

ドーパミンというものは「嬉しい」「楽しい」という幸福物質で、モチベーションを高める効果や記憶を増強する効果もある。

つまり、アイコンタクトを取ることによって良好な人間関係を作ることができるのだ。

 

最後に

ここでは紹介できない実際に使える技術が盛りだくさんで読書初心者の方でも読みやすい一冊となって本当にオススメである。

ぜひ本書を読んでご自身のレベルをアップさせていただきたい。

 

↓リンクを下に貼っておくので気になった方はお求めになるのを全力で推薦する。

 

 

 

続きを読む

縁を切った方が良い人の特徴

 

 

こんにちは、こんばんは

 

吃音歴15年だけど現役インストラクターのぺんぎんです。

 

今回のブログでは私が人生の中で「この人とは縁を切った方が良いな」と思う人の特徴について書いていきたいと思う。

 

 

私が思う縁を切った方が良い人の特徴①

「人の欠点をバカにしてくる人」

 

こんなの人付き合いをする上で論外。こういう人に限って学校のクラスの中心となる場合が多い。

欠点を「バカにする」のと「いじる」のはまた違うから、自分が「あ、バカにされているな」と思ったら縁を切ることをお勧めする。

 

私が思う縁を切った方が良い人の特徴②

「自分がこの人とは全く合わないなと思う人」

 

自分とは合わないけど、友達としては合う。という人は別として、自分とは合わないけど、この人は友達グループの中心だから仲良くしとこう。のような表面上の付き合いだけをしていく人ははっきり言って縁を切った方が良い。

仕事上仲良くしなければいけないというのは別として、普段の生活上でこのような人がいたら本当の自分が出せずに息苦しさを感じてしまうし、ストレスにもなってしまう。

実際私は大学一年生の時、仲良しグループがあったがそのグループとは縁を切り今では本当に仲が良い友達が周りにいる。

本当に自分にあう友達は見つかる。

 

私が思う縁を切った方が良い人の特徴③

「とにかく人のことを否定しまくる人」

 

こういう人はどんどん周りの人を遠ざけてしまう

否定と合わせて自論を押し付けてくる人はもっと厄介。エゴイストだ。

人生は常に勉強である。人それぞれで価値観も違うし、考え方だって違う。そう言った様々な人の考えを素直に聞くことで自分という価値が上がる

間違っていることを否定するのは良いと思うが、人の夢だとか目標だとか考え方だとかを否定するのは違うのではないかと思う。

 

終わりに

以上、私が思う縁を切った方が良い人の特徴でした。

とにかく縁切った方が良さそうだなと思ったら切っても良いと思う。自分を守れるのは自分だけだし、自分の周りの環境を良くできるのは自分だけ。

そのことを念願において今後も過ごしていきたいと思う。

 

 

 

続きを読む