吃音持ち大学生 コミュ力ブログ

〜吃音ぺんぎんのあれこれ〜

吃音になり始めた頃。

私が吃音症になり、症状が出始めたのが、

 

小学1年生の頃。

 

それまでは何ら他の子と変わらずに喋ったり、

 

歌ったり、発表したりしていた。

 

吃音症には

 

難発:・・・私は

 

連発:わ、わ、わ、私は

 

伸発:わーーーたしは

 

の3種類があると言われている。

 

当時、

 

私はこの3種類全ての症状が出始め、

 

周りから腫れ物に触るような扱いをされた。

 

自分でもはじめの方はすごく不思議な感じがした。

 

自分の思い通りに言葉が出ない。

 

意図せずに言葉が連発する。

 

言葉を出やすくする為に、はじめの1文字目を伸ばす。

 

そんな症状が子供ながらに自分の体が自分のものではないような、

 

そんな感覚だった事を覚えている。

 

 

私は小学校に通うと同時に放課後、

 

学童保育のような施設にも通っていた。

 

いつも授業が終わると、学童保育に行って、

 

近所の親戚のお婆ちゃんが迎えにくるのを待つ。

 

そんな生活をしていた。

 

吃音が出始めて、間も無く進学を迎えた。

 

小学1年生のクラスの子たちとはバラバラになり、

 

小学2年生。新しい子達との出会いがあり、

 

それと同時に過酷な運命が私を待ち受けていた…

 

明日のブログへ続く。

 

 

アリーヴェデルチ