吃音持ち大学生 コミュ力ブログ

〜吃音ぺんぎんのあれこれ〜

いじめのその後…

こんばんは!pen_guinです!

 

今回はいじめが終わった後、

 

「どんな生活をしていたのか?」について書いていきたいと思います!

 

↓↓↓

 

小学3年の終わり頃にいじめがなくなり、

 

吃音はありつつも平穏に生活していた。

 

周りの友達に吃音をいじられつつも、

 

たまに嫌な時があったが、何とか耐え、

 

小学4年、5年、6年と月日が経っていった。

 

 

小学5年生の頃、

 

「太鼓を叩いてリズムに乗りながら、今までの小学校生活の思い出を発表する」

 

という、今思うと訳の分からない発表会があった。

 

 

発表のやり方は、クラス内で何班かに分かれて、

 

1班ずつ発表していく形式だった。

 

 

発表2ヶ月前、早速練習が始まった。

 

私はもちろん吃って班の人に迷惑かけないか?

 

と心配と不安でいっぱいだった。

 

はじめは太鼓を使わないで、言葉を覚えるための音読練習をした。

 

もちろん吃る。

 

自分の意思に反して吃る。

 

そして、班のテンポがズレてしまう。

 

悪い予想が的中してしまったのだ。

 

けれども、時間は進む。期限は迫ってくる。

 

 

そんな不安を残したまま太鼓を使った音読練習へと入っていった。

 

 

 

 

 

 

吃らない!!!

 

 

 

そう、太鼓の音(メロディー)に合わせて音読をした結果、

 

全く吃らなかったのである。

 

この発見は私にとって、大きかった。

 

 

リズムにのりながら言葉を発すれば吃らない。

 

そう思うだけで、自分が普通の人になれたような感覚になった。

 

 

これを機に、私は吃り改善の兆しが見えた。

 

「リズムにのりながら話せば吃らないんだ!」

 

「じゃあ、リズムにのりながらいつも話せば良いのではないか?、いやそれじゃあ変な奴確定だ。」

 

そんなことを考えるようになった。

 

 

無事、発表会はノーミスで終了し、

 

自分の吃音症改善の兆しも見えて、

 

やってよかったなと今でも思う。

 

 

あのときの小学校の先生、太鼓発表会考えてくれてありがとう…

 

 

訳わからない発表とかいってごめんなさい。

 

 

そんなこんなで続く