吃音持ち大学生 コミュ力ブログ

〜吃音ぺんぎんのあれこれ〜

顔面大火事 卒業式での○○

こんばんは!Pen_Guinです!

 

顔面大火事 卒業式での○○

 

について今回は書いていきたいと思います!

 

顔面大火事、だいたい想像できるのではないでしょうか?笑

 

皆さんも経験があると思いますよ…笑

 

↓↓↓

 

 

時は小学6年生、

 

桜が舞う季節。新しい出会いと別れ。

 

そんな美しい季節にあんな事があるなんて…

 

 

事件は卒業式の練習、いや、本番で起きた。

 

卒業式の段取りはだいたいこうだった↓

 

1.開会式の言葉

 

2.卒業証書授与

 

3.卒業生一同別れの言葉

 

4.合唱

 

5.閉会式の言葉

 

今回の話で開会式の言葉と閉会式の言葉、合唱は関係ないので、

 

こんなものはどうでも良い。

 

問題は「卒業生一同別れの言葉」である。

 

この別れの言葉では、卒業生全員舞台に上がり、

 

1人づつ何か一言を言っていくと言う、

 

地獄の出し物であった。↓

 

f:id:Pen_Guin:20190417015654p:image

 

そんな中、私は謎に最後のトリの言葉を務めた。

 

その言葉とは…

 

 

 

 

「さようなら」

 

 

この5文字である。

 

 

この部分だけを見た人にはちょっと恐怖感が芽生えたのではないだろうか?

 

 

安心してほしい。怖くないから。

 

 

最後に卒業生一同全員で「さようなら」を言う、

 

前振りみたいなものだ。

 

 

この最後の言葉を言うまでは、

 

 

雰囲気もしんみりしていて、

 

いかにもこれが卒業式だっ!!!!

 

 

と、

 

言わんばかりに卒業式だったのだが、

 

僕の最後の言葉で、その雰囲気は壊され、

 

クスクスと笑いも出てしまった。

 

 

一体、何が起こったのか?

 

 

 

 

吃ったのである。。。

 

 

盛大に吃った。

 

そして、しんみり雰囲気を一気にほんわか雰囲気にしてしまった。

 

本当に最後の最後でやってくれた。

 

今だに鮮明に覚えている。

 

それくらい衝撃的だったし、トラウマ的であった。

 

 

それでもなんだかんだ言って過去の話だ。

 

 

過去は過去、終わったしまえば良い思い出だ。

 

卒業式、最後に吃ったのは良かったと思う。

 

 

しっかりと、最後は本当の自分、6年間これまでの自分を今まで私に関わってきた人に見せれたのであるから…

 

 

思い出よ永遠に…

 

 

 

 

続く