吃音持ち大学生 コミュ力ブログ

〜吃音ぺんぎんのあれこれ〜

吃音症で良かった事‼️

こんにちは、こんばんは!

 

 

お疲れ様です‼️

 

 

Pen_Guinです!🐧

 

 

皆さん!ゴールデンウィークあけ、あと1日頑張ったらお休みですよ!

 

 

私はゴールデンウィーク中アルバイトが昨日まで連勤続きだったので、

 

 

実質ちゃんとした休みは今日からです笑笑

 

 

あと1日、頑張りましょう💪💪😤😤

 

 

さて、今日は吃音症で良かった事について、少しお話しさせてください😊

 

 

↓↓↓

 

何回か言っていますが、私は約15年間吃音症と共に人生を歩んでいます。

 

 

やはり、吃音症になりたての頃や吃りが酷かった時期は、

 

 

 

吃音症で良い事なんて一つもない。

 

 

そんな風に思っていました。

 

 

しかし、そんな時期も過ぎ去り、

 

 

ふと自分の人生や周りを振り返ってみると、

 

 

「あれ?吃音で良かったかも」

 

 

なんて思ったりしました。

 

 

 

(ポケモンの"ラッキー"吃音でもラッキー!みたいな…よくわからんな。)

 

 

なぜならば、

 

 

吃音であると、頑張って話そうとするので、

 

その頑張りが相手に伝わって、

 

 

如何なる時も相手の中の私のイメージが良くなるというメリットがありました。

 

 

 

そのおかげで、上司や先輩からはとても良くしていただきました😊

 

 

もし、吃音でなく普通に話せていたのならば、

 

 

話すことに対して一生懸命にならなかったのではないかと思います。

 

 

 

やはり、

 

 

"一生懸命"

 

 

と言うのは相手に伝わると思います。

 

 

 

なかなか些細なことで一生懸命になれる人っていないと思うんですよ。

 

 

でも、吃音者である私たち(もちろん吃音ではない人たちも)は、

 

 

些細なこと(ここでは話すこと)に一生懸命になりやすいと言うのがメリットなのではないかと思います‼️

 

 

 

頑張りは絶対に人に伝わります。

 

 

 

伝わらない人もいますが、

 

 

そういう人は相手の気持ちを汲むのが下手な人。

 

 

そう割り切れば良いのです。

 

 

 

少し、長くなっちゃいましたが、

 

 

まとめると、

 

 

 

吃音でもデメリットばかりではないよ。

 

 

という事!

 

 

 

今後も吃音のメリットなどを話していきたいと思いますので、

 

 

この記事を読んで、

 

 

「あ、そういう考えもあるんだ」

 

 

と思ってくだされば、本望でございます😄😄😄

 

 

 

それでは、今日はここまでにします!

 

 

 

また明日‼️