吃音スポーツインストラクターのざっくばらんブログ

吃音歴15年しかしコミュニケーション力Lv99の大学生。吃音を持っているがアルバイトでフィットネスインストラクターをしている者。経験談、吃音、会話法、トレーニングについだったり、とにかく一つのカテゴリーに固執せず、個性をどんどん出すブログです。

電話越しってなんで吃るんだろう??

こんにちは、こんばんは!

 

 

お疲れ様です‼️

 

 

Pen_Guinです!🐧

 

 

皆さん、電話をすることは得意でしょうか??

 

 

私はぶっちゃけ苦手です(笑)

 

 

 

ディバイス(機器)を通しての会話って不思議と対面で会話するよりも吃ってしまうんですよね🤔🤔

 

 

私のアルバイト先ではトランシーバーを使っているのですが、

 

 

 

トランシーバー越しでもめちゃめちゃ吃りますね(笑)

 

 

ディバイス越しだと難発が出るのが私の吃音の特徴です😤

 

 

 

なんで機械越しだと吃るのか考えたんですよ、

 

 

思いつくこととして、

 

 

 

「耳とゼロ距離だから圧迫感を感じて緊張してしまう」

 

 

 

これが問題なのではないかと思います🤔

 

 

では、解決策として私が実際に行なっている対策をご紹介します。

 

 

 

解決策1.

スピーカー設定で会話をする

 

 

 

解決策2.

歩きながら会話をする

 

 

 

この二つですね‼️

 

 

スピーカー設定で話す事については、

 

原因である耳とゼロ距離圧迫感に対策しています‼️

 

 

スピーカーにすれば耳から話して会話ができるじゃないですか‼️

 

 

これを圧迫感を取り除く方法として実践しています。

 

 

 

続いて、歩きながら会話をすることについては、

 

 

私の場合、体を動かしながら会話をすると言葉がスルスルと出てきて吃りにくくなります。

 

 

この原理を活用して、ディバイス越しで会話をする場合、私は歩きながら行います‼️

 

 

 

2つの解決策は実際に試していて、効果もあるものですので、

 

 

是非、ご自身で試してみてください‼️

 

 

 

 

それでは!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます😊!