吃音持ち大学生 コミュ力ブログ

〜吃音ぺんぎんのあれこれ〜

【4分で解説】あなたは何をして生きていきたいですか?

f:id:Pen_Guin:20190929031904j:plain

こんにちは、こんばんは。

 

読めば知識向上間違いなしのぺんぎんブックプレゼンテーションへようこそ!

 

吃音歴15年だけど現役インストラクターのぺんぎんがお送りします🐧

 

今回あなたにご紹介する本はこちら。

 

 

ドドン

 

 

 

『好きなことだけで生きていく』堀江貴文さん


 

 

どんな本?

最初にIT会社に入社し、その後自身で起業。海外ではあのロケット開発、テスラモーターズで有名なイーロンマスクと肩を並べ、良きライバル良き友でもあり、一度大きな事件を経験した過去があるが、今ではとても大きい事業、オンラインサロンをお持ちの実業家、堀江貴文ホリエモン)さんが書かれた本書。

 

「好きなことをしていきていくにはどうしたら良いのか?」

 

という、誰しもが疑問にもつ事について、堀江さんの思うことを綴った本書。

一歩読み進めると最後、どんどん読み進んでしまうとても面白い一冊。

 

今までにない考え方に触れられ、視野が一気に広がる感覚を覚えさせてくれる。

ただの感情で書かれたものではなく、堀江さんの経験、堀江さんが見てきたことから書かれているので、説得力も半端じゃない。

 

今の生活に不満がある。これからの将来もっと楽しく生きていきたい。

 

そう思っている人がいたら是非ともオススメしたい一冊となっている。

 

ぺんぎん🐧のココがポイント①

『思考は現実化するは正しい』

ここでは、普段ネガティブワードを口にしている人は赤信号であると書かれている。

何故ならば、思考は現実化するから。

 

人には「顕在意識」(自分自身が認識している意識)と「潜在意識」(自分自身が認識していない意識)があり、普段ネガティブワードを口にしている人は「顕在意識」だけでなく、「潜在意識」にまで影響してしまい、事あるごとに自分にストッパーがかかってしまう。

 

つまり、「思い込み」がもたらす影響は現実化するという事である。

 

逆に、ポジティブワードを口にすれば行動も結果も良い方向に向かうと堀江さんは言っている。

 

確かに、私もネガティブだった頃は、なかなか結果も出ずにいた。

ポジティブになってから色々とうまくいきはじめた事を思い出した。

 

この考えはぜひ取り入れてほしい事だと感じた。

 

ぺんぎん🐧のここがポイント②

『稼ぐだけならコミュ力0でも良い』

この考えはコミュ力を武器にしている私でもはっきり言って同意する笑

 

最近ではSNSの普及と同時に、「コミュ力さえあれば、人脈を増やしてビジネスも成功できる!」を謳い文句にしている詐欺ぽいアカウントをちらほら見かける。

 

正直、このブログを読んでいるアナタにはそんな罠に引っかかって欲しくない。

 

堀江さんはビジネスの世界ではコミュ力というのは「必要条件」ではなく「十分条件」に該当すると言っている。

 

ビジネスにおいて大切なのは使命や理念といった「熱いモチベーション(動機)」があるかであるとのこと。

熱い動機がなければ続けることも楽しむことも不可能であり、コミュ力はあくまでも「十分条件」であると書かれている。

 

私もコミュ力を上げれば稼げるとかそういう事を言って人を騙すような人は絶対に許せないと考えている。

 

堀江さんが言っているのはもし自分でビジネスをやるのであればという事。

コミュ力はあったらきっと役にたつ。これは間違いない。

 

私がそれを体現しているのが証拠だ。

 

それを勘違いしてはいけない。

 

ただ、この考えは素晴らしいと思ったので紹介させてもらった。

ぜひ、頭の隅においておく事をお勧めする。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は堀江貴文さんこと、ホリエモンさんの本を紹介してみました。

私がこの本を読んだ率直な感想は「すごいな」でした笑

 

実際ホリエモンさんは自分の体験を通して色々と述べていたので、説得力は当たり前だがあり、なおかつこれからの自分に本当に有益な情報を与えてくれた。

 

今やりたいことがあるけど、自分のコンプレックスのせいで行動できない人、そんな人にも書店で手にとって読んでほしい。

行動したくてできない人を全力で応援してくれると思う。

 

私もこれからどんどん色々なことにチャレンジしていきたいと思う。

その時はぜひ一緒に頑張ろう笑

 

それでは今回はここまで!

次回のブログでお会いしましょう。